宮古島でのパラセーリングならお任せください!
コラム

パラセーリングの服装・必要な持ち物の紹介

パラセーリングの服装・必要な持ち物の紹介をさせて頂きたいと思います。

って事なので今回の宮古島パラセーリング専門店のパラダイスコラムの内容は『パラセーリングの服装・必要な持ち物の紹介』綴っていきたいと思います。

また初心者向けに方にも見て頂けるように(春・夏・秋・冬)安心してご参加頂けるように網羅出来たらなんて思います。そしてパラセーリングの服装・必要な持ち物の紹介だけでなくパラセーリングをやってみたいと考えている方にとって有益な情報をご紹介していきます。

パラセーリングの際の服装でよく聞かれる、長ズボン・サングラスなど、パラセーリング体験する際に必ず持っていきたいアイテム、あると便利なアイテムも紹介!最適な服装で、パラセーリング体験を楽しみましょう!

適切で快適な服装・お持物でパラセーリングを楽しんでいきましょう!

当記事でわかる事パラセーリングを楽しんで参加するに時の

  • パラセーリングの際の服装
  • パラセーリングの際に必ず必要なアイテム
  • パラセーリングの際にあると便利なアイテム

を詳しく解説しています!

パラセーリングの服装・必要な持ち物の紹介

パラセーリングの服装・必要な持ち物

パラセーリングは、パラセーリング専門船にてパラシュートを凧揚げのように引っ張り空の世界を楽しみ絶叫するマリンアクティビティでございます。また宮古島などでおパラセーリングは近年人気の伊良部大島を背景にする事も出来ますし、何より世界屈指の透明度の高いオーシャンビューを空から望めるパラセーリングは唯一のアクティビティになっています。

パラセーリングにおすすめな服装

パラセーリングにおすすめな服装

ココではパラセーリングの服装についいて解説しています。

パラーセーリングの参加にあたり安心出来るように、必ず、服装・用意のチェックをしてみて下さい!

パラセーリング専用ボートは、ウインチを搭載しているのでゆっくりにロープが伸びていき、戻って来る時も、ロープを巻きあげボートの後方デッキに到着するので、基本的には海につかることはありません。
※安全上まれに海に着水する事もあります。

Check

パラセーリングの服装の答え!

・濡れても良い服装
・着替え
・ヒールのない濡れても良いサンダル等

パラセーリングボートは屋根がないことが多いので、日焼け止めやサングラスの紫外線対策をお勧めします。
せっかくの空中散歩も船酔いしてしまっては、楽しみも半減してしまうので念のため、事前に酔い止めの服用をオススメします。

服装は水着ではなくてもOKですが、当日の海洋状況により波しぶきがかかる事もありますので、濡れても良い服装でのご参加、念のため着替えのご準備があると安心です。
履物は、船の乗り降りやボートの揺れもありますので、なるべくヒールのない濡れてもいいサンダルや靴などでパラセーリングに参加する事をお勧めします。

あと冬場に時期は平均気温20度こ超えている沖縄や宮古島でも体感温度はかなり寒くなります、なので水着などの服装の上から着用出来るウインドブレーカーやボートコートなどがあれば重宝するかと思います。

パラセーリングの服装で失敗例

パラセーリングの体験はパラセーリング専門艇に乗船したり下船したりパラセーリングボート船上で移動する場合があるので、ミュール・パンプスなどのヒールの高い靴は滑ってしまったり安全管理上おすすめ出来ません。

またパラセーリングをフライトの際ハーネスを着用いただき、空高く上昇しますので、スカートはあまりお勧めできません、少し恥ずかしい思いをする事も…

ですのでパラセーリングの服装はスカートでは無くパンツスタイルがお勧めになります!

パラセーリングで長ズボンは履ける?

結論からお話しすると、パラセーリングの体験時は、波や風がある場合濡れてしますことがある為、長ズボンを履いていると下半身が濡れてる状態になってます。そうなるとパラセーリング中動きにくいなどの状況になるからです。

ここでおすすめなのが、短パンが一番おすすめかと思います。濡れてもしみ込まないようなウインドブレイカーやすぐ乾くラッシュガードになります。

パラセーリングの体験中、日焼け予防や寒さ対策の為どうしても長ズボンを履きたい場合は、裾をまくれることが出来る柔らかい素材の長ズボンを着用するか、パラセーリング前に着替えれる用に別のズボンを用意しましょう。
※パラセーリングボートの出航時間があるので遅れない速やかに着替える事が必要です。

パラセーリングに必ず必要な持ち物

パラセーリングに必ず必要な持ち物

ココではパラセーリングに必ず用意したい、あると便利そうだな~なんて思ってる方のお答えになればと…
ではパラセーリングの際に必要な持ち物リストをご紹介していきたいと思います。

パラセーリングで必ず必要な持ち物リスト

・日焼け止め
・タオル
・飲み物
・酔い止め
・羽織れるもの

パラセーリングの際使う持ち物は海水浴やマリンアクティビティに参加する時と同じような準備になります。濡れたり、汗をかく際に必要な『タオル』や沖縄の強い日差しをよける為の『日焼け止め』また、パラセーリングでは船上揺れる場合があるので『酔い止め』が必要になったりします。

あわせて夏場には熱中症対策でもある『飲み物』や冬場には寒さ対策の為『羽織れるもの』が必要になってきます。

パラセーリング船に乗船する際の注意!
乗り物に乗る30分から1時間前に服用するのが最も効果的であると言われています。
※予め頭に入れて降りて下さい。

便利そうだな~と思う持ち物リスト

ココではパラセーリング参加の際無くても良いけどあったら便利だな~なんてお思う便利グッツをご紹介しています。

パラセーリングであると便利なグッツ
  • サングラス
  • 日よけ帽子
  • GoProなど防水カメラ
  • スマホ防水ケース
  • カメラストラップ
サングラスやメガネはつけたままで大丈夫!?

結論からご案内します、パラセーリング中サングラスやメガネの着用は可能です。

ですが実際のパラセーリング体験中は波や風があるのでサングラス・メガネや帽子、カメラが落下する可能性があるのでメガネを固定するようなメガネバンドやカメラを固定するストラップがあれば紛失リスクを回避できるかと思います。

カメラなど撮影機器は必要!?

ココではパラセーリングの服装・必要な持ち物をご紹介してきましたが、沖縄宮古島在住の私管理人が一番お勧め情報はコチラでご案内します。

なぜならパラセーリングに参加される方は何を目的に『パラセーリングの服装・必要な持ち物』を調べるのかと言うとパラセーリングの思い出を最高のものにする為かと考えます。

よって『思い出を残すことが出来るカメラなどの撮影機器は必要?』って内容は大事なものと考えています。

パラセーリング持ち物カメラおすすめリストパラダイス管理人が厳選した、パラセーリングの用意が必要な撮影機器です。

  • GoPro
  • インスタ360
  • スマートフォン

管理人がおすすめする撮影機器は『GoPro』になります、何故なら様々なアクティビティでも使用されている実績があるからです。
GoPro
GoPro

GoProアクションカメラはスキューバ―ダイビングでは頻繁に使われていて、水深10メートルの環境でも耐えることが出来る耐圧性があることで有名になります。

またGoProアクションムービーカメラの映像はすでに人の目で見た景色を超える、綺麗さ・鮮明さ・クリアさでお勧めできる撮影機器かと思います。

インスタ360
インスタ360
インスタ360は、先進的な360度カメラのブランドであり、周囲の全方位を撮影することができます。このカメラは、革新的な撮影体験を提供し、写真や動画を360度全方位から捉えることができます。

GoProアクションムービーカメラとは違った絵を撮影できます。

スマートフォン

スマホ

アクションカメラには臨場感など及びませんが、アクションカメラをお持ちでない方はスマートフォンを利用されるのもありかと思います。

※ストラップが無い場合紛失のリスクが高いので注意が必要です!

まとめ

パラセーリングの服装・必要な持ち物の紹介を綴ってまいりましたが、お答えになったでしょうか?

服装・必要な持ち物の紹介が見て下さった方にとって有意義な内容になっていれば幸いです!

パラセーリングは、パラシュートをボートで引っ張り、上空へ舞い上がる、海の上の空中散歩とも言われます。エメラルドグリーンに輝く神秘的な沖縄の海、島々の景色に感動することができるマリンスポーツです。世界中で最も気軽で安全なマリンスポーツとして多くの方が楽しんでいます。

そんなパラセーリングを楽しむ為に必要な服装・必要な持ち物は下記リストをご確認下さいませ!↓

Check

パラセーリングの服装の答え!

・濡れても良い服装
・着替え
・ヒールのない濡れても良いサンダル等

パラセーリングで必ず必要な持ち物リスト
  • 日焼け止め
  • タオル
  • 飲み物
  • 酔い止め
  • 羽織れるもの
パラセーリングであると便利なグッツ
  • サングラス
  • 日よけ帽子
  • GoProなど防水カメラ
  • スマホ防水ケース
  • カメラストラップ

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 宮古島の名物料理はなに?宮古島グルメを味わえるおすすめ飲食店10選

  2. シルバーウィークもパラセーリングはおすすめマリンアクティビティ?

  3. 夏至南風(カーチバイ・カーチベー)とは?梅雨明け直後に吹く風?現地スタッフが解説

  4. 宮古島パラセーリングとシュノーケルの両方楽しめる?

  5. 宮古島でおすすめの観光スポット30選!海・自然・文化を楽しめる人気スポットを紹介

  6. シギラビーチ|宮古島一番人気で時にはウミガメに出会えるビーチ!

CATEGORYカテゴリー

おすすめ記事
特集記事
  1. 宮古島のイベント-うえのドイツ文化村ダンケフェストへの行き方や詳細について現地在住スタッフが徹底解説!

  2. 宮古島パラセーリングはおすすめ?現地スタッフが徹底解説!

  3. パラセーリングは雨でも大丈夫?中止基準を徹底解説!

  4. パラセーリング体験で一番お勧めな時間帯、宮古島在住スタッフが徹底解説

  1. 登録されている記事はございません。
TOP