宮古島でのパラセーリングならお任せください!
コラム

パラセーリングは怖い?高所恐怖症の人や絶叫系が苦手な人でも楽しめる?

パラセーリングに興味があるけど、怖いからやめておこうかと思っている人もいるかもしれません。

友だちにパラセーリングに誘われたけれど、実は高所恐怖症で不安を感じているという場合もあるでしょう。

しかし、パラセーリングは高層ビルから地上を見下ろしたり、ジェットコースターなどの絶叫系アトラクションに乗ったりするのとは全く違います。

実際、当店でも高所恐怖症の人や絶叫系が苦手な人であっても、パラセーリングを楽しんでいます。

この記事では、少しでもパラセーリングの魅力が伝わるように、怖さと楽しさの両面について詳しく解説します。

パラセーリングは怖さと楽しさが表裏一体

パラセーリングの楽しみは、空高く舞い上がり、広大な海を見渡すことで得られる感動にあります。

数十メートルから数百メートルの高さを飛行するため、爽快感も味わえます。

風を切る心地よさとともに、非日常的なフライト体験を満喫できるのがパラセーリングの魅力です。

ただ、高度が100mの場合であればマンションの25階程度の高さに相当するので、恐怖を感じるのは自然なことでしょう。

パラセーリングには、怖さと楽しさが表裏一体の関係で存在しています。

それでも、多くの人がパラセーリングのリピーターになっているのは、高所にいることの怖さを上回る楽しさや喜びがあるからです。

パラセーリングは高所恐怖症でも楽しめる

パラセーリングは、高所恐怖症の人でも楽しめます。

パラセーリングは怖い?高所恐怖症の人や絶叫系が苦手な人でもお楽しみ頂けます、トップページもご覧くださいい ↓

宮古島パラセーリングショップPARADISE(パラダイス)

初めてのフライトでは怖さのあまり怖気づいていた人も、リピーターになるほどパラセーリングの魅力にハマってしまうことも珍しくありません。

なぜパラセーリングは高所恐怖症の人でも楽しめるのでしょうか?

フライトの高さを調整できる

高所恐怖症の人にとって、一気に高度が上がってしまうと怖いと感じるかもしれません。

突然高い場所に立たされ、下界を見下ろすとクラっとしてしまう人もいるでしょう。

高所恐怖症というのは、高さに慣れていないときにショックを受けやすいという特徴があります。

パラセーリングの良いところは、少しずつ高さが上がっていくという点です。

出発後にゆっくりと上昇していくので、目が高度に徐々に慣れていきます。

また、ロープの長さを調節することで、フライトの高度を変えられます。

いきなり200mのロープでパラセーリングをするのは怖いと感じるかもしれませんが、50mから始めればチャレンジしやすいでしょう。

徐々に高度を上げていくことで、より高い場所から海を眺め、パラセーリングの楽しさを存分に味わえるようになります。

高所から直接見下ろすのと環境が違う

パラセーリングは、ビルの屋上から下界を見下ろすのとは全く異なる環境です。

高い場所から立って下を見下ろすと、吸い込まれるような感覚があって怖いと感じる人も多いでしょう。

パラセーリングはハーネスを装着し、座って落ち着いた状況でフライトを始められるので落下への不安は軽減されます。

また、パラセーリングでは建物のない海上を飛行するため、高所にいるという感覚にならない人が多いようです。

パラセーリングは絶叫系が苦手でも楽しめる

絶叫系アトラクションが苦手な人はどうでしょうか?

パラセーリングは、まったくと言っていいほど絶叫系とは違う体験です。

ここからは、絶叫系が苦手な人でもパラセーリングを楽しめる理由を見ていきましょう。

自然なフライトで人為的な恐怖感がない

ジェットコースターは、人工的に怖さを演出するように巧妙に設計されています。

遊園地の絶叫系アトラクションは、日常では体験しない予想外の動きによって本能的に恐怖を感じさせます。

一方、パラセーリングは自然なフライトを楽しむアクティビティですから、フライト中に意図的に怖さを感じさせる要素はありません。

パラセーリングの目的は、上空から眺める景色の美しさを非日常的な感覚で堪能することにあります。

ボートに繋がれたロープとパラシュートを使って上空に上がる感覚は自然なもので、むしろドキドキワクワクするような高揚感をもたらしてくれるでしょう。

ふわっとした感覚がない

絶叫系アトラクションが苦手な人の中には、加速や減速の際に感じるふわっとした浮遊感が嫌いだという人もいます。

パラセーリングでも、ジェットコースターのような浮遊感があって怖いのではないかと思われがちですが、そのような感覚はほとんどありません。

ただ、風を切る感覚によるスピード感が苦手な人は、パラセーリングでも怖いと感じる可能性があります。

このようなときは、ボートのコントロールによってフライトの速度を調整してもらえば、穏やかなフライトが可能です。

ふわっとした感覚が苦手な人でも、パラセーリングであれば爽快な時間を過ごせるでしょう。

パラセーリングが怖いときの対策

初めてパラセーリングに挑戦する際に、怖いと感じるのは自然なことです。

それでも挑戦したいと思っているのなら怖いと感じている点をショップのスタッフに正直に伝えてみましょう。

きっとあなたに合ったフライトプランを提案してくれます。

怖いという気持ちを抱えたままチャレンジするのではなく、不安を取り除きながらパラセーリングを体験することでより充実した時間を過ごせるでしょう。

まとめ

パラセーリングでは、地上数十メートルから数百メートルまで舞い上がるので、怖いと感じる面があるのは事実です。

パラセーリングが怖いというイメージを持っていた人でも、実際に体験してハマる人が多いのは、非日常的な体験ができるパラセーリングの魅力の証明と言えます。

最初は怖いと感じるかもしれませんが、ショップのスタッフと相談しながら自分に合ったプランを立てることで、安心してパラセーリングにチャレンジできます。

ぜひ、この機会にパラセーリングを体験し、空からの絶景と爽快感を味わってみてください。

パラセーリングは怖い?高所恐怖症の人や絶叫系が苦手な人でも楽しめる?』の内用を解説してきましたが、どんな方でもパラセーリングをお楽しみ頂ける事がわかったかと思います、またお子様は?なんて思う方もいるかと思うので合わせで下記の記事もご覧ください↓

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 宮古島の名物料理はなに?宮古島グルメを味わえるおすすめ飲食店10選

  2. シルバーウィークもパラセーリングはおすすめマリンアクティビティ?

  3. 夏至南風(カーチバイ・カーチベー)とは?梅雨明け直後に吹く風?現地スタッフが解説

  4. 宮古島パラセーリングとシュノーケルの両方楽しめる?

  5. 宮古島でおすすめの観光スポット30選!海・自然・文化を楽しめる人気スポットを紹介

  6. シギラビーチ|宮古島一番人気で時にはウミガメに出会えるビーチ!

CATEGORYカテゴリー

おすすめ記事
特集記事
  1. 宮古島のイベント-うえのドイツ文化村ダンケフェストへの行き方や詳細について現地在住スタッフが徹底解説!

  2. 宮古島パラセーリングはおすすめ?現地スタッフが徹底解説!

  3. パラセーリングは雨でも大丈夫?中止基準を徹底解説!

  4. パラセーリング体験で一番お勧めな時間帯、宮古島在住スタッフが徹底解説

  1. 登録されている記事はございません。
TOP